便秘茶に含まれている効果的な成分と効果

継続的に飲むことで便秘解消はもちろん、便秘体質をも改善へと導いてくれる便秘茶ですが、具体的にどのような成分が含まれ、どのような効果を持っているのか?気になりますね。

そこで、便秘茶に多く含まれる代表的な成分とその効果について詳しく紹介します。

便秘茶に含まれる代表的な成分とは!?

便秘茶にはどのような成分が含まれているのか?便秘茶の説明書きを見ても原料の表示はあるものの具体的な成分まではあまり表示されていませんね。

便秘茶の種類によって使われている原料に差がありますので、全ての便秘茶に含まれているという訳ではありませんが、便秘茶の多くに含まれる代表的な成分とその効果は以下の通りとなります。

食物繊維 腸内細菌の一つである善玉菌を増やす働きや腸内に滞っている老廃物(便)を吸着して体外へ排出する働きがあります。テーブルデータ
マグネシウム 水分と一緒に摂ることで腸内で停滞し固くなってしまっている便を柔らかくし排泄しやすいよう働きます。
ビタミン 腸内細菌を増やし、腸内環境を整える働きや腸の動きを活発にすることで排便を促すよう働きます。
オリゴ糖 腸内に生息する腸内細菌のエサとなり善玉菌を増加、腸内環境を整え便秘体質を改善へと導きます。
油分 腸を刺激することで腸の蠕動運動を促すと共に、腸内に停滞している固くなってしまった便を柔らかくしたり、腸内を移動しやすいよう潤滑油の役割を担います。

これらが便秘解消、改善に役立つ成分となり多くの便秘茶に含まれています。

便秘の原因に役立つ成分が含まれることも・・・

上記で紹介した成分以外にも、便秘解消とは直接関係ないものの便秘の原因に対して有効に働く成分を含有していることも珍しくありません。

例えば、便秘の原因となる冷え。冷えを改善する代表的な成分としてショウガオールなどが挙げられますが、ショウガオールが腸に働きかけて便秘を解消することはあまり期待できません。

しかし、ショウガオールを摂ることで冷えが改善されることで腸の働きが向上、結果、便秘を解消へと導いてくれます。

このように、便秘とは直接関係なくても便秘の原因を改善することで結果、便秘体質を改善できる成分が含まれていることが多いのも便秘茶の特徴といえるでしょう。

まとめ

便秘茶は、便秘そのものの対策だけでなく、便秘の予防であったり便秘の原因の改善に役立つなど便秘体質を改善するために有効な成分が幅広く含まれています。

下剤の服用は便秘解消には手っ取り早い方法の一つですが、便秘体質を改善することは残念ながらできないため、繰り返しの服用が必要となります。

便秘を繰り返す、慢性的な便秘であるという方は便秘解消よりも便秘体質の改善を目指すことが大切で便秘茶に含まれる成分を摂り続けることで可能となるのです

口コミで便秘茶を選ぶならこの二つで決まり!

桃花スリム

↓頑固な便秘を美味しく解消したい!↓

満足度98.7%の超人気便秘茶。
12種類の贅沢成分をドッサリ配合。便秘解消効果が抜群なのに美味しいから続けやすいという口コミが多数!特に頑固な便秘を美味しく解消したい人におすすめの便秘茶です。

モリモリスリム

↓植物成分で自然に便秘を解消したい!↓

日本一売れている大ヒット便秘茶。
24種類の自然植物を絶妙にブレンド。便秘解消だけではなく美しいからだ作りもサポートしてくれます!特に自然にドッサリを体感したい人におすすめの便秘茶です。

このページの先頭へ